【激しいスポーツをするウェアの生地は何が最適?】絆工房のTシャツの品質について

 

I どんな素材のTシャツ生地があるの?

 

今は、個人でも簡単にオリジナルTシャツを作れる時代です。

でも、「今度のスポーツ大会でオリジナルTシャツを作りたいんですが、どんな素材のTシャツがあるんですか?」といったお客様の声をよく耳にします。

Tシャツの素材は、実にたくさんの種類があります。肌触りのいいもの、汗をよく吸うもの、軽いもの、生地に厚みがあってしっかりしたもの。

今回は、人気のある素材をご紹介します。それぞれのTシャツの生地の特徴を知っておくことで、着るシーンにあったTシャツを選ぶことができますので是非参考になさって下さい。


1綿(コットン)

 

・メリット

高い吸水性と保温性

・デメリット

吸水性が高いゆえに乾くのに時間がかかり、運動量の激しく大量の汗をかくスポーツをする場合はウェアが汗で重くなり、肌に汗がまとわりついて不快になります。また洗濯すると縮んだり、ヨレたりします。

【結論】冬場や汗をかかないイベントでは保湿性も優れ綿(コットン)生地はおすすめです。