【色の選び方】サッカーユニフォームの作り方をお教えします

ユニフォームの色選びにお困りの方は多いのではないでしょうか。
いざ作ろうとしても何色を選べばいいのか分からないですよね。
そこで、今回はユニフォームの色の選び方や色が与える影響をご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□ユニフォームの色の選び方

まず、色の選び方をご紹介します。
ユニフォームに使ってはいけない色はありません。
そのため、自分の好きな色を選んでも問題はありません。

 

*自チームの色

しかし、例えば、自分のチームにチームカラーというものがあれば、チームカラーを使うことをおすすめします。
そうすることで、チームとしての士気も上がりますし、統一感も生まれます。

 

*好きなチームの色

また、憧れのチームのカラーにすることもおすすめです。
憧れのチームに近づきたいという気持ちが強くなることで、チームとしての一体感が生まれる可能性もあります。

 

*補色となる色

中には、ベースカラーだけでは全体のデザインとしてしっくりこない場合もありますよね。
そのときには、ベースカラーと補色の2色を使ってユニフォームを作ることをおすすめします。
補色を使うことによって、整った印象を持たせることができます。
また、補色にはお互いの色を強調させる効果もあります。

 

 

□ユニフォームの色が与える効果

次に、ユニフォームの色が与える効果をご紹介いたします。
色にはそれぞれ意味があって、効果が違ってきます。
効果的に色を使うことによって、自チームに良い影響を与えたり相手チームに影響を与えたりすることができます。
ここでは、各色の効果をご紹介いたします。

 

*赤色

赤色は攻撃や激しさを示します。
激しいプレーをするチームにしたい方にはおすすめです。

*青色

自由でオープンなスタイル、冷静さを示します。
冷静にゲームを進めたいと考えているチームにはおすすめの色です。
自分たちの気持ちを落ち着かせる効果があります。

 

*白色

白色にはチームワーク、フェアプレイという意味があります。
チーム一丸となって頑張っていきたいという目標を持ったチームにはおすすめです。

 

*黄色

黄色には機敏で、相手の動きを察知する効果があります。
また明るいイメージを彷彿(ほうふつ)とさせる色です。
明るく元気なチームにしたいチームにはおすすめの色です。

 

*黒色

黒色には格式高いイメージがあります。
黒色をユニフォームに使うことで威厳を出すことができます。
古くからあるチームや威厳を出したいチームにはおすすめの色です。

 

 

□まとめ

今回はユニフォームの色の選び方や色が与える影響をご紹介いたしました。
色によって与える印象が違ってくるので、それに合わせて色を選んでみてもいいかもしれませんね。
ぜひ今回ご紹介したことを参考にしてユニフォームの色を選んでみてください。

 

女子サッカー・フットサルユニフォーム