【社会人のサッカー】練習方法や練習場所をご提案します

社会人になってもスポーツを続けたいという方は多いのではないでしょうか。
学生時代にやっていたサッカーをもう一回始めるのもいいですよね。
そこで、今回は社会人がサッカーの練習をできる場所や個人でできるトレーニングをご紹介いたします。
ぜひ参考にしてみてください。

 

 

□サッカー練習会あるいはサークルに加入する

もう一度始める方法として、練習会やサークルに参加するという方法があります。
このように定期的に活動するグループに加入することによって、運動する機会を定期的に確保することができます。
自分ひとりだったら、途中で挫折してしまうという方は練習会やサークルに参加することがおすすめです。
また、学生時代の仲間とサークルを開いたり練習会を開いたりすることで、一体感や達成感を得ることができます。
参加するものによっては、今まで交流したことがない人との出会いがあります。
日々の生活に刺激を与えることができます。

 

 

□個人で練習をする

忙しい方にとっては他の人と時間を合わせてスポーツをすることは難しいのではないでしょうか。
そのような方は仲間と共にという形ではなく個人で練習をすることもできます。
ここでは、個人でできる練習をご紹介いたします。

 

*リフティング

一見すれば難しそうなリフティングですが、身につけることによって基本的な技術を身につけることができます。
ボールを長時間蹴り続けることができるようになれば、コントロール技術が磨かれます。
正確なポジションで蹴ることができるようになれば、長い時間続くようになります。
さらに、ボールの動きに対応させて体も俊敏に動くようになります。
また、バランス感覚を磨くこともできます。
不安定な体勢からでもシュートやパスができるようになります。

 

*ボールマスタリー

この技術は足技とよく呼ばれているテクニックのことです。
地面にあるボールを自由自在に使うことを目指します。
この技術を身につけることでボールに慣れることができます。
さらに、タッチの感覚を習得することができます。
この感覚は、キックやドリブルにはなくてはならないものなので、初心者が取り組むべき練習と言えます。
また、この練習は、体の動きをスムーズにさせる効果もあります。

 

 

□まとめ

今回は社会人がサッカーの練習をできる場所や個人でできるトレーニングをご紹介いたしました。
社会人になって体を動かす機会が少なくなってしまったと感じている方も多いですよね。
ぜひ今回ご紹介したことを参考にして、もう一度サッカーを始めてみてはいかがでしょうか。