サッカーの足技テクニックについてお話しします!

プロのサッカーの試合を見ていると多彩な足技テクニックに魅了されますよね。
あのような足技テクニックができるようになると、自分がサッカーをする時に仲間から一目置かれる存在になれるかもしれません。
そこで今回はサッカーの足技テクニックをいくつかご紹介していきます。
どのような足技テクニックがあるのか気になる方はぜひ参考にしてみてください。

□キックフェイント

ペナルティエリア付近でシュートを打つふりをして、ドリブルを切り込んだり間をずらして前にいるディフェンダーをかわす技です。
実際のサッカーの試合でも頻繁にみられるテクニックですね。
思い切りシュートを撃とうとすると、どうしても相手はジャンプをしたり背中を向けてしまうため、そのすきを突くことによってシュートを撃ちやすくなります。
特にゴール前で、大きな動きでやることによってより効果を発揮します。

□ヒールリフト

両足を使って後ろからボールを巻き上げて相手を抜く技です。
Jリーグで見かけることはあまり多くないですが、ネイマール選手がよくこのヒールリフトを仕掛けています。
これをやられると相手一瞬ボールがどこに行ったのか分からなくなり、うまく決まれば簡単に抜き去ることができます。
その上見た目もトリッキーで、サッカーをやったことがある人は誰しもが挑戦したことがあるといっても過言ではありません。

□エラシコ

足のアウトサイドでボールを外に押し出して、その後すぐにインサイドで内側に切り返す技です。
ロナウジーニョ選手が得意としていた技で、うまくできると、まるでボールが足にくっついているように見える程になります。

□裏街道

ディフェンスと1対1になった際に、相手よりも前にボールを蹴ってそのボールに追いつくことで相手を抜き去る技です。
意外と簡単そうに聞こえますが、蹴るタイミングや強さが重要になってきます。
ボールを前に蹴りだした後に相手を置き去りにして、相手よりも早くボールに追いつく必要があるので、特に足の速い選手に向いている技です。

□まとめ

今回はサッカーの足技テクニックについていくつかご紹介してきました。
キックフェイントやヒールリフト、エラシコ、裏街道など様々なテクニックがありましたね。
華麗な足技テクニックはもちろん見ているだけでも楽しいですが、やはり実際に相手を抜き去ることができればとても気持ち良いものです。
皆さんも気になったものがあればぜひ練習してみてはいかがでしょうか。