サッカーの背番号11に込められた意味とは一体?有名選手も紹介します

最近では、小さな子供から社会人まで個人的にチームをつくったりユニフォームを作成したりしてサッカーやフットサルを楽しむ人が増えています。
自分たちだけのチームということで、楽しみ方はプレーだけではなく、ユニフォーム作成にも広がります。
自分たちのサッカーユニフォームを作るなんてワクワクしますよね。
デザインにこだわるのはもちろん、もうひとつ注目してほしいポイントがあります。
それはずばり、背番号です。

「え、背番号なんてなんでもいいんじゃないの?」

という方もいらっしゃるかと思います。
実はサッカーの背番号にはそれぞれ意味やイメージがあるのです。
そこで今回はそんな中でも大人気の11番についてご紹介します。

□11番はどういう番号?

サッカーにはこのポジションにはこの番号といった明確な決まりはありませんが、もともとサッカーの背番号はポジションごとによって決められていました。
そして、その流れのまま現代でもフォワードや攻撃的ミッドフィルダーといったポジションの選手がつけていることが多くなっています。
11番をつける選手の特徴としては、スピードやドリブルを駆使してゴールやアシストを決めるなど攻撃面で活躍することです。
ゲームを作るテクニシャンなイメージの7番、エースが背負うことが多い10番とは少しイメージは異なりますね。
しかし、そこまで明確なイメージはなく、その時の有名な11番の選手に左右されることもあるでしょう。

□11番をつけている有名選手

背番号を選ぶとき、「この選手が好きだから同じ番号にする!」というのもよくある決め方です。
そこで参考のために11番の有名選手についてご紹介します。

*三浦知良(横浜FC)

かつての日本代表の11番と言えばキングカズこと三浦知良です。
現在も現役でプレーを続けており、CMでもよく見かけるほど大人気なカズ選手です。
ドリブルもうまく、点も決めるなど、この人にあこがれてサッカーを始めた、11番を付けた、という選手もたくさんいます。
まさに日本のスタープレイヤーですね。

*モハメド・サラー(リバプール)

サラー選手は圧倒的なスピードを武器に得点を量産するスピードスターです。
2017-2018シーズンのプレミアリーグのリバプールで大活躍しました。
代表のエジプトでもワールドカップに導くなど英雄的人気を誇ります。
エジプトの大統領選挙に勝手に100万票も入れられるという伝説も残しています。

*ガレス・ベイル(レアルマドリード)

ベイル選手もアクロバティックなプレーや、ドリブル、シュートどれも迫力抜群です。
時速36.9キロをだしたと言われています。
相手ディフェンダーを置いてきぼりにする姿は最高です。
現代を代表する11番と言えるでしょう。

□最後に

今回はサッカーの11番についてご紹介しました。
ぜひ、背番号選びに役に立ててくださいね。