サッカーのバロンドールって?歴代受賞者もご紹介!

みなさん、バロンドールという言葉を聞いたことはありますか。
バロンドールを聞いたことがある方は多いかもしれませんが、詳しくは知らないという方もいらっしゃると思います。
そこで今回は、バロンドールとその受賞者についてご紹介していきます。

□バロンドールとは

*概要

バロンドールとは、サッカー界において、その年の最優秀選手に贈られる称号のことです。
バロンドールとは、フランス語で黄金の球という意味があり、バロンドール受賞者はサッカーボールの形をした黄金のトロフィーを貰うことができます。
かつてバロンドールは、欧州圏内に国籍を持つ選手が対象でしたが、2007年から全世界のサッカー選手が対象となり、対象範囲が大幅に広がりました。
日本人でも、過去に中田英寿、稲本潤一、中村俊輔の3人の選手がノミネートされたことがあり、中田英寿選手は3回もノミネートされたことがあります。

 

*選定基準

バロンドールは、各国の代表チームの監督と主将、かつサッカー記者の合計の約400名の投票によって決められます。
この投票者は、自分が所属している代表チームと同じ国籍の選手は選んではいけないという決まりがあります。
この決まりのもと、その年に活躍したかを基準に、各人が1位だと思うサッカー選手に5ポイント、2位だと思う人に3ポイント、3位だと思う人に1ポイントを入れ、その合計ポイントが高い選手が、バロンドールとして選ばれます。
しかし近年では、個人の活躍より、W杯などの試合における所属しているチームの順位が重要視される傾向があり、これに関しては賛否両論があります。

 

□歴代受賞者

1956年に初めて、元イングランド代表であり、「ドリブルの魔術師」と呼ばれたスタンリー・マシューズが、バロンドールとして選ばれました。
ポジションはフォワードで、背番号は7番でした。
その後も毎年いろんな人がバロンドールとして選ばれていましたが、2008年からはクリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシのどちらかという状態となっており、二人ともこれまでに最多の5回受賞しています。
ロナウドの背番号は7番で、メッシの背番号は10番となっており、二つとも人気のある背番号です。

 

□まとめ

今回は、バロンドールについてと歴代受賞者をご紹介しました。
今年は、ロナウドとメッシのそれぞれ所属するチームが、W杯において16強で負けてしまっているため、バロンドールは二人以外の可能性も考えられます。