サッカー王国ブラジルの歴代背番号10を紹介!

「サッカー王国であるブラジルの選手について知りたい!」
「ブラジルの歴代の背番号10は誰なのだろう?」
「サッカー王国ブラジルの歴史が知りたい!」

このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

サッカー王国ブラジルの歴史について知ることができれば、よりサッカーに興味が湧きますよね。

そこで今回は、「サッカー王国ブラジルの歴代背番号10」についてご紹介します。

 

□サッカー王国ブラジルの歴史

ブラジルにおいて、サッカーの始まりは1870年代から1880年代にかけてだと言われています。
この辺りに、イギリス人からサッカーが伝えられました。

そこから少し経つ20世紀ごろにサッカークラブが設立され始めました。

ブラジル代表チームが初めて対外試合を行ったのは、1914年だと言われています。

ブラジル代表も最初から強かったわけではなく、不安定な時期もありました。

ブラジル代表は過去21度のFIFAワールドカップ全てにおいて本大会出場を果たしています。
更に、ワールドカップの優勝回数は単独トップの5回であり、ブラジルをサッカー王国と呼ぶことに異論のある人はいないでしょう。

そんなサッカー王国ブラジルの、エースナンバーである「背番号10」を背負ったことのある選手について気になりませんか?

□サッカー王国ブラジルの歴代背番号10

ワールドカップ初優勝を成し遂げた、1958年からのブラジル代表の「背番号10」を背負ったことがある選手をご紹介します。

*ペレ(1958-1970)

「サッカーの王様」の異名を持つ。

*リベリーノ(1974-1978)

「左足の魔術師」の異名を持つ。

*ジーコ(1982-1986)

引退後、日本代表の監督経験がある。

*リバウド(1998-2002)

「レフティモンスター」の異名を持つ。

*ロナウジーニョ(2006)

2005年にバロンドール受賞。

*カカ(2010)

2007年にバロンドール受賞。

*ネイマール(2014-)

現在のブラジル代表のエース。
2018年ワールドカップでも活躍。

サッカー王国の歴代エースストライカーをご紹介しました。
現在の若きエース「ネイマール」の今後の活躍に期待しましょう。

 

□最後に

以上、「サッカー王国ブラジルの歴代背番号10」についてご紹介しました。
サッカー王国ブラジルの歴史についてご理解いただけましたか?

この記事を見てサッカーを応援したくなったかたもいらっしゃるのではないでしょうか。
サッカーの応援に欠かせないものは、応援ユニフォームです。

株式会社絆工房では、プロのデザイナーがオーダーのユニフォームを作ります。
たった一着から作成可能なオリジナルのユニフォームを作って、サッカーを応援しませんか?

オリジナルユニフォームに興味を持たれた方は、是非株式会社絆工房までご連絡ください。