サッカーのユニフォームの交換には歴史と意味があるって知っていましたか?

皆さんはユニフォームの交換がなぜ行われるか知っていますか?

ユニフォームの交換には歴史があり、意味があります。

 

最近では有名選手のユニフォームがほしいという方もいますが、ユニフォームの交換はリスペクトやスポーツマンシップの一環として行われています。

必ずしもすべての選手がやっているわけではないので、義務ではありません。

 

今回はそんなユニフォームの交換についてご紹介していきます。

 

◎ユニフォーム交換の歴史

一番最初にユニフォームの交換が行われた試合は1931年のフランスがイングランドに初勝利を挙げた時、記念にとフランスの選手がイングランドの選手にユニフォームの交換を求めたことが起源と言われています。

その後から国際試合ではユニフォームの交換が行われるようになりました。

 

クラブチームの試合だとあまり行われることはありませんが、国際試合ではよく見かける光景です。

相手のユニフォームをもらい、それを着て敬意やリスペクトを送る選手も多くいます。

もちろんユニフォームの交換を拒否する選手も当然いるため全員が全員が交換をするわけではありません。

 

また有名な選手の場合は、多くの相手選手から交換を求められます。

したがって、メッシ選手やネイマール選手などの有名選手は非常に交換を求められることが多いです。

 

また有名な選手が交換を拒否すると批判が殺到することもあります。

有名なのがレアル・マドリードに所属しているクリスティアーノ・ロナウドのユニフォーム交換拒否疑惑です。

彼は交換を拒否して批判を受けました。しかし、実際の所は誤解で、彼は拒否をしていませんでした。

 

この件から有名な選手がユニフォームの交換を拒否すると批判されることがあるということがわかります。また、交換を求められて交換したとしても汗のにおいが気になり、もって帰らないこともあるそうです。

 

◎ユニフォームの交換の意味

先述したようにユニフォームの交換はリスペクトと感謝を表すために行われています。

当然ですが、サッカーは相手の選手がいないと成り立ちません。

相手と競うことで自分のパフォーマンスやプレーの喜びを味わうことができます。

 

そのため相手への感謝と相手を敬うことを大切にしています。

しかし、日本では相手をリスペクトしすぎることがあります。リスペクトしすぎると相手を恐れてしまう可能性があるため、適度なリスペクトが大切とされています。

 

◎まとめ

ユニフォームの交換には歴史としっかりとした意味があります。

これを知っているだけでより一層試合を楽しむことができると思います。