フットサルの特徴とFリーグの歴史をご紹介します

「サッカーに興味があるのだけれども走り回るのは大変そう」このような心配をされている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そのような方にお勧めしたいのが若者を中心に人気を集めているフットサルです。

サッカーと比べると小さなスペースで行うため、気軽に楽しむことのできる競技となっています。

 

◎フットサルの特徴

フットサルはサッカーの一種と言われていますが、一度にピッチに立つ選手は5人までと少なく、最大7人の交代要員を何回でも交代させることができるというのが特徴です。

そのため、疲れがたまってきた選手を一時的に休ませて、勝負所に備えるといった積極的な交代をさせやすいです。

 

また、選手側としても疲労を考慮せずに全力でプレーしやすいです。

そして、一時的な出場も容易であるため、それほど体力に自信がない方でも参加しやすいという点も魅力です。

 

先程も記載しましたが、スペースが狭いために試合展開が目まぐるしく変わるという性質を持ち、試合に出ている一人ひとりがボールに触れる機会が多いので、状況に応じた役割をうまく果たせるかがより重要になります。

 

◎Fリーグの歴史

さて、フットサルにもJリーグのような全国リーグが存在しているのをご存知でしょうか。

Fリーグは歴史が浅く、創設されたのが2007年と比較的最近のことです。

 

そもそもフットサルが現在の定義で呼ばれるようになったのが20年ほど前のことであり、直訳すると『5人制室内サッカー』ということになります。

もともとは寒冷地や積雪の多い地域において冬季でもサッカーを楽しめるようにと競技の形態が整えられていきました。

 

その後人気が上昇したことを受けて2003年に日本サッカー協会がフットサルの推進を活動方針のひとつとして掲げるようになり、2006年に日本フットサル連盟とともにフットサルの全国リーグを設立することを決めて、地域に根差したチームづくりを進めました。

 

現在、札幌市・花巻市・浦安市・立川市・町田市・名古屋市・大阪市・神戸市・大分市の10の街をホームタウンとするチームがFリーグに参加しています。

 

◎最後に

今回は、サッカーと比較した時のフットサルの特徴やFリーグの歴史などについてご紹介いたしました。

ご自分でチームをつくられてフットサルを楽しんでいただくのもおすすめです。

 

弊社では、フットサルのオリジナルユニフォームを制作いたしております。

ユニフォームのご注文、デザインのご相談などがございましたらお気軽お問い合わせくださいませ。