サッカーでユニフォーム交換をする意味や歴史をご説明します!

みなさんはサッカーの試合が終わったあと、なぜユニフォーム交換を行っているのか知っていますか?
多くの方はご存知ないと思います。
今回はそんな知らない人たちのために、なぜユニフォーム交換をしているのかや、ユニフォームに関する話を紹介いたします。
知らない人は是非読んでみてください!

 

■ユニフォームを交換する意味

ユニフォームを交換する理由は、選手同士がお互いのプレーの健闘を称えあうためです。
スポーツマンシップやリスペクトの一つとして行われています。
最近では、有名な選手のユニフォームが欲しいという理由で、交換している選手もいますよね。

 

■ユニフォーム交換はいつから行われているのか

最初にユニフォームの交換が行われたのは、1931年のフランス対イングランドの試合だとされています。
この試合では、フランスが5-2でイングランドに勝ちました。
この勝利を喜んだフランスの選手たちが、勝利の記念として、敗者のイングランドの選手たちにユニフォームを譲ってくれないかと、お願いしたのが、由来とされています。

 

■交換するためのユニフォームは用意されているのか?

プロの選手が着るユニフォームは、選手たちが最高のプレーを発揮できるように、通気性や、軽さを追求した作りとなっています。
そのため、汗でユニフォームが重くなるのを嫌って、ハーフタイム中にユニフォームを着替える選手もいます。

 

また、通気性を追求している一方、その分耐久性が落ちているため、試合中にユニフォームが敗れることもあります。このように様々な場合に備えて、1人に複数枚のユニフォームが準備されているので、ユニフォームを交換できます。

 

■ユニフォーム交換を拒否すると批判される場合も

ユニフォーム交換は義務ではありませんが、有名選手の場合、交換を拒否すると調子に乗っていると批判されてしまう場合があります。
近年では、クリスティアーノ・ロナウドや、ネイマールが交換を拒んだことにより、批判が集中しました。
ですが、両方とも、誤解であったと後に報道されています。

 

■まとめ

今回はユニフォーム交換の歴史についてご紹介いたしました。
他のスポーツで、ユニフォームは資金的な面などから、交換するというのは、現実的ではないので、このように交換するのは、サッカーだけだと考えるのが自然かもしれませんね。

 

ユニフォーム交換には、お互いをリスペクトする意味が含まれているということを知っておくと、もっと楽しく試合を観戦できるでしょう。