海外サッカーリーグは何種類あるのか?今回は四大リーグを紹介します

日本人選手が、たくさん海外リーグで活躍する時代となり、サッカーファンの海外リーグへの関心は高まる一方です。
しかし、Jリーグにしか興味がない人や、サッカー初心者の方にとっては、海外リーグといっても、たくさんあって何が何だかわかりませんよね。

 

そこで今回、この記事では、そうした方々たちのために、ヨーロッパの四大リーグの特徴や、レベルなどを解説していきます。

 

■四大リーグ

四大リーグとは、リーガ・エスパニョーラ(スペイン)、プレミアリーグ(イングランド)、ブンデスリーガ(ドイツ)、セリエA(イタリア)
これら4つのリーグのことを指します。

 

フランスやオランダ、ポルトガルなどのワールドカップでお馴染みのの強豪国も、クラブチームのレベルでは、四大リーグと比べて下回ります。
その原因としては、資金面が挙げられます。

 

オランダは国の規模が小さかったり、フランスは意外にサッカー人気がなかったりしているためです。
リーグ戦なので、基本的にJリーグとほとんど変わりません。
毎週土日に試合が開催されて、1年間かけて、ホーム&アウェイの総当り戦が行われます。

 

Jリーグと違うのは、リーグ戦を行う時期くらいです。
Jリーグは3月初め~11月下旬にかけて開催される一方、海外リーグは、9月~翌5月まで開催されるという違いがあります。

 

■リーガ・エスパニョーラ

圧倒的な人気と資金力を誇る、バルセロナとレアル・マドリードがこのリーグを牽引しています。
近年はアトレティコ・マドリードの躍進が目立っており、2013-2014シーズンは、10年ぶりにバルセロナとレアル・マドリードの2強以外のチームが優勝しました。

 

■プレミアリーグ

プレミアリーグには、ビッグ4と呼ばれるクラブが存在しています。
それは、マンチェスターユナイテッド、チェルシー、アーセナル、リヴァプールです。
しかし、近年では、マンチェスターシティや、トッテナムなどのビッグ4以外のクラブの躍進のほうが目立っています。

 

■ブンデスリーガ

ブンデスリーガには、バイエルン・ミュンヘンの一驚というイメージが存在しています。
ドルトムントなどの対抗馬も存在していますが、近年ではほとんどのシーズンをバイエルンが優勝している現状があります。

 

■セリエA

1990年代は、世界最高のリーグでしたが、2010年代に入ってからACミランやインテルが没落し、最近ではユヴェントスの一強時代となってしまっています。

 

■まとめ

今回は欧州四大リーグについて簡潔にまとめてみました。

もし今好きなチームがあるのなら、自分の名前が入ったオリジナルユニフォームを作ったりしてみるのもいいかもしれませんよ。