2014.12.15

わずかな「ひと手間」が琴線に触れる

わずかな「ひと手間」が琴線に触れる


 

絆工房では、約2ヵ月に1回のペースでニューズレターを発行しています。

 

 

 

先日お客様からこんなコメントが届きましたのでご紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

笠原社長さま

 

ご無沙汰しております。先日、ニュースレターを頂きました。

社長が一言書き添えておられましたが、ちょっとしたことですが、

よりニュースレターが活きる、良いなと感じました。

社長さんの自然な感じが素敵やなと思った次第です。

単なるニュースレターが活きる、そんな感じがしました。

引き続き宜しくお願い致します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中学・高校を卒業すると、今の時代、手で文字や文章を書く機会が極端に少なくなります。

今これを書いているのもパソコンのキーボードです。

 

そんな中、ほんの数行でも手書きのメッセージが添えられるモノが届くと

自分のためにほんの数秒でも時間を割いてくれたんだな、と嬉しくなるものです。

 

同時に、

”字は体を表す”また、”書は人なり”と言うように、

「へぇ〜こんな字を書くんだ」とか「こんなかわいい字を書くんだ」、とか

読んでいて送ってくれた人の人となりが字を通して透けてきます。

 

形式的な「拝啓、貴社ますますご清栄〜」など書かなくても

ほんの一言の、わずかな「ひと手間」を惜しまないようにしたいと思います。

 

嬉しいコメントを有難うございました。

 

 

 

2014/12/15


Top