2014.11.27

粋なイベント法被の着こなし方

粋なイベント法被の着こなし方


 

お祭りなどのイベントで法被を着ると否応なしにテンションがあがります。

 

スポーツ観戦、例えば阪神戦で、

あの縦縞の法被を着るのと着ないのとでは気分が全然違ってくるのを

実感します。

 

「試合に負けても涙、勝っても涙。ヤジもすごいが、愛情もすごい」阪神ファン。

選手とファンとの間の絆は、法被1枚でも強くなるのを感じます。

 

(photo by ja wikipidia.org)

 

法被を着るのは特別な時。

 

かっこいい法被を着てモチベーションアップさせて

是非大事なイベントを成功させたいものです。

 

最近では、伝統的な神輿を担ぐお祭りや消防団の出初式だけでなく、

イベントのパフォーマンス時に法被を着る機会が増えてきています。

 

若者を中心としたストリートダンス、よさこい踊り、コスプレなんかにも

法被が好まれる傾向に。特に丈の長い法被が人気。

 

絆工房にも色鮮やかな昇華プリント生地で作ったイベント法被で

活躍されているお客様が沢山おられます。

 

法被は、着物のように特別な着かたというものはありませんが、

ここで粋な着かたをご紹介します。

 

袖を一回外側に折り曲げる

 

外側に袖を一回折り曲げて中生地の見せる!

これが粋な法被の着かた、らしいです。

 

 

タスキがけをする

 

法被を着る時は必ず、いや絶対に普段とは違って体の動きが活発。

そうなると、どうしても袖が邪魔になってきます。

 

そんな時、紐一本用意してタスキがけにすると、とても腕さばきがよくなります。

また邪魔にならなくてもタスキがけをして腕を見せるととても粋な雰囲気に。

皆さん粋ですね♪

 

「かっこいい!」って感じになります。

 

頭はすっきりと!

 

法被を着る時は、女性ならお団子ヘアにするとすっきりとした粋な感じになります。

はちまきでキリリとするのもグー。皆さん決まってますね。

 

 

是非法被を着る機会があったら一度この着方をお試しあれ。

 

昇華プリントで作る法被は、洗濯による色あせもなく、ノーアイロン。

とても着やすく、手入れも簡単な法被をつくることができます。

2014/11/27


Top