"オーダーユニフォームをデザインからプリント、縫製仕上げまで一貫生産体制でお応えします 「絆が出来るユニフォームをデザインする」"

2017.05.23

昇華プリントウェアを買ったらやって欲しい3つのチャレンジ

 

昇華プリントでスポーツウェアを作ってよかったと思える納得の技術(1)

 


 

絆工房にチームTシャツを作られるお客様は、最初は「昇華ウェアは高いね」って言われてます。

激安Tシャツや自分でアイロンプリントで貼り付ける簡単Tシャツに比べると確かに昇華プリントウェアは値段は高いです。

しかし、最初は高いと言われたお客様が今では絆工房にとって大切なリピーター応援客になっていただいております。

「高いのに買いたい。」

この心理は、一体何でしょうか?

 

それでは、昇華プリントウェアの実験に入る前に、従来のプリントウェア、

昇華プリントウェアでないスポーツウェア、野球ウェアを使って実験をしてみたいと思います。

 

 

実験開始

  その1)引っ張る

 

   黒いTシャツで黄色のデザインのシルクプリントTシャツ。

   かっこいいです。

   これをちょっと引っ張ってみます。

 

 

   

 

 

 3回ほど引っ張りました。

 すると、ご覧の通り。

 ひび割れが出来てしまいました。

 

 

 

   

 

 

 

 その2)洗濯する

 

スポーツをする人にとっては、スポーツウェアを洗濯する回数は人よりも多いですね。

普通の服でも、色あせたり、色落ちすることは仕方ないにしてもなるべくならせっかく作った

かっこいいスポーツウェア、長く着たいものす。

 

ウェアとインクの相性、インクの種類にもよりますが、

下記は2回ほど洗濯するとインクが剥がれ落ちた野球ウェア。

たった2回でこの状態になる。悲しいものです。

 

 

洗濯

 

 

その3)擦ってみる

 

 

擦る

 

 

こちらも使うインクによりますが、ちょっと擦って見ました。

パラパラとインクが剥がれ落ちてしまいました。

 

全てのTシャツにこういう現象が起きるとは限りません。

使用するインクによっても品質は異なります。

また、初めに従来のプリントウェアも、良さがあります。

インクを直接刷りこむので、インクの質感を忠実に再現することができます。

また、低コストで沢山作りたい、学生Tシャツ、部活Tシャツには最適です。

更に、絆工房には腕のいいシルクプリント職人がいますので、インク剥がれを

限りなく抑える耐久性のあるTシャツを作成することができます。

 

皆さんのスポーツウェアは大丈夫でしょうか?

もし着なくなって捨ててもいいようなTシャツがございましたら、一度上記の実験を

してみてはいかがでしょうか?

 

次回は、いよいよ昇華プリントのウェアについて同じ実験を行います。

大胆な実験も行っています。

どうぞご期待下さい。


Top