2014.11.07

【マラソンウェア】走ってみる?地獄のマラソンレース

走ってみる?地獄のマラソンレース


国内、海外のマラソンレースの人気開催地ベスト5を紹介してきましたが、

今回は、国内外の過酷なマラソンレースをご紹介したいと思います。

まずは、誰もが知っている

■1. サハラマラソン

 photo by imgur.

砂で足をとられ灼熱の太陽で体力をとられ、ふんだりけったりの「世界一過酷なマラソンレース」

■2 南極マラソンツアー

参加資格は、次の3つのマラソンに完走していることが条件

 ・ゴビ砂漠マラソン ・アタカマ砂漠マラソン ・サハラ砂漠マラソン

全て灼熱のマラソンレース

その後のマイナス10〜30度の極寒レース 

サハラと南極、気温差約80度

極端

                ギャラリーはペンギン♪          photo by imgur

■3 エベレストマラソン

photo by imgur

世界一高い所を、きっちり42 .195を走るフルマラソン

エントリーには、健康診断書提出あり

高いところ大好き、走るの大好きな人には一石二鳥、、、

探してみると、日本にも過酷なレースがありました。

■トランスジャパンアルプスレース

日本海からスタートし、太平洋まで1週間で走破する日本縦断レース

健康診断書の提出、山岳保険加入が義務づけられています

他にも応募条件が多いマラソンコース

兵庫県にもありました!

■みかた残酷マラソン

平地がほどんどないマラソンコース

必死で走っているのに、ゆっくりしか走れない、

走っているのに歩いているようにしか見れないほど坂道の多いコース

しかし、参加者の半数以上がリピーター

上位ランナーは但馬牛!がプレゼント!

「今年こそ肉!」と家族のために走るお父さんランナー多し。

こうして見ると、普通の道を普通に走るだけでは物足りなくなってくるのが、マラソン中毒者。

マラソンウェアにしても、マラソン中毒者ランナーにとっては、ごく普通のマラソンウェアでは

満足できなくなってきます。

そうなってくると、オリジナルなマラソンウェアを作ってみようと思うものです。

他のランナーと一線を画すオリジナルなマラソンウェアで過酷なレースを走ってみて下さい。

まずは、但馬牛狙いでみかた残酷マラソンなんてどうでしょうか?

以上、田中でした。


Top