"オーダーユニフォームをデザインからプリント、縫製仕上げまで一貫生産体制でお応えします 「絆が出来るユニフォームをデザインする」"

2015.07.03

孤独と壁を突き破れ! トップセールスマンからの独立

 孤独と壁を突き破れ! トップセールスマンからの独立

                          置き薬 きくや豊岡代表 下田 明浩様


 

 

2ヶ月に1回発行している社内報『絆のカタチ』。

共に頑張っている地元企業の経営者やスタッフの方達をインタビューして、

それぞれの絆をカタチをうかがっています。

さて、27号では、神鍋万場で置き薬を営んでおられるアスリート社長さんです!

 

❏ トップセールスマンからの独立

 

神鍋の万場生まれのUターンの下田様。

置き薬の会社を設立するまではコンピューター会社の営業マン。

転勤族で、東京、名古屋、大阪といった都会で働き、1994年、35歳の時に

家を継ぐため生まれ故郷の万場に帰郷。

「でも、田舎ではコンピューターの営業は需要がないですから、田舎で出来る仕事を探し
ました。」

友達の紹介で、 ”一年間営業成績がトップだったら、のれん分けして
豊岡で販売してもいい。”という大阪の置き薬の会社に転職。

泉北ニュータウンという難しい営業地域を割り当てられましたが、

「負けず嫌いの性分」で一年間、常にトップの営業成績をキープ。

そして、1年後の平成15年、地元で置き薬、きくや豊岡を開業。

 

ートップセールスマンのご主人が田舎に戻って事業すると言われた時はどうでしたか?

 


ご主人の片腕となって精力的に事業を手伝っておられる奥様は、
「反対よりも賛成でした。地元の人と深くつきあえるのが魅力

でしたから。でも、この仕事は人に仕える仕事ですし、

地味な仕事でもあります。とても人格が鍛えられましたね。」

 

 経営には、孤独と壁がつきもの

絆のカタチで話しをうかがう会社や組織を経営される方からよく耳にするのが、

『経営は大変』。

下田様も独立して1年目の平成16年に起きた台風23号による水害に見舞われました。

「損害も損害、大損害。倉庫に保管している薬が水没し全部使いモノにならなくなりまし
た。あの時は本当に困りました。」

また、同僚が大勢いる社員という立場から一人で営業から販売までこなす立場は、肉体的なことよりも精神的に大変。

「モチベーションの維持が課題でしたね。大阪にいた頃は、私の他にも50人近くの営業
マンがいましたから共に戦えましたし、例えば”あいつにだけは負けたくない。”といった
トップセールスマンとしての意地が明確にありました。けれども、田舎で一人で事業をし
ていると、”今日は雪も降っているし寒いから早めに帰ろう。”って思う時もあるんですよ
ね。高いモチベーションを持ちながら仕事をしていく苦労はありますね。情報収集のために沢山のセミナーにも参加しました。かなりお金をつぎ込みましたよ(笑)。笠原会長が近くで無料のおひねり経営勉強会を開いていただいて本当に感謝しております。」

 

趣味の自転車で色んな場所を走りそのことをニューズレターに掲載すると、

以前は話題をこちらからふっていたのが、お客様の方から尋ねてくれるようになったそうです。

更に、ガーデニングの得意な奥様は、毎年春に開催される『とよおかオープンガーデン』に参加。

長年愛情を注いだ家の庭を一般公開。

 

 

 

 半鐘ズル、姫シャラといった控え目で奥 

 ゆかしさを感じる山野草が中心の小川の流

 れる下田様の庭。

 

 

「オープンガーデンをやり始めたのも、お客様との垣根をとりたい、家族的なお付き合いをしたい、という想いがあったんです。遠方からも見に来られた人が珍しい山野草を見つけて感動されている姿をみると本当に嬉しいですね。たまに朝カーテンを開けると知らない人が庭におられるというハプニングもありますが(笑)」。

 

 ニューズレターを通して、またガーデニングを通してコミュニケーションの場を作ってお客様との絆を育んでおられる下田様。

控えめで、それでいてその力強さで人を魅了する山野草のようなご夫婦でした。

2015/07/03


Top