"オーダーユニフォームをデザインからプリント、縫製仕上げまで一貫生産体制でお応えします 「絆が出来るユニフォームをデザインする」"

2014.11.20

『心の時代』にモノを売る方法 〜小阪裕司講演会〜

小阪裕司氏講演会

11月14日、夜7時から豊岡市商工会館2Fにて、

オラクルひと・しくみ研究所代表の小阪裕司氏の講演会

〜「心の時代」にモノを売る方法〜がありました。

 

講演会の発起人は、絆工房笠原会長。

商工会日高支部長であり、隔週水曜日におひねり経営勉強会を主催されてます。

色々なケーススタディをネタに語り合う「場」であり

自身の事業(商売)の磨き方を学ぶ勉強会です。

目指すところは自らの事業(商売)の世界を変える・・・です。

 

モノを作れば売れた高度成長時代。

 

昔は、価値と価値の交換であった商売の本質が、価格競争によって見えなくなった現代。

今、改めて商売の原点に戻って、何を売るかを考え直さないとこれからは生き残れない時代

だという会長の考えと小阪氏のメソッドとは共通点があります。

今回の講演は、その理解を深めるイベント講演として実現しました。

 

「まるでドラマを見ているか、ジェットコースターに乗ったような躍動感あふれる

講演だった」と会長。

 

参加された人からも、

「本当に素晴らしい講演だった」

「今まで小阪先生の本は読んだことがありましたが、やはり生のお話は

感じ方が全く違いました」

 

商売の本質を掘り起こせば、どの業種のモノでも売れるようになる、

お店をかえずに悦びをかえる事例を数多く話して下さった小阪氏。

 

『買う理由がないと買わない』時代。

逆に言えば、買う理由があれば値段が高くても買う時代。

 

高くて重いフランスのお鍋「ル・クルーゼ」が何故人気なのか?

地方の辺鄙なところにある小さな小さなお店のプリンになぜ行列ができるのか?

 

心の豊かさを売ることこそ商売の原点、そこの入口に立てた講演会となりました。

 

昇華プリントでオリジナルTシャツ、ユニフォームを販売している絆工房も

単にTシャツ、ユニフォームを売る会社というだけでなく、

そのオリジナルTシャツを着たお客様が、幸せを感じる人生、心の豊かさを感じられる瞬間

を味わってもらえる、そのお手伝いができる会社で今後もあり続けたいと思います。

 

 

 

(株)絆工房

広報 田中


Top