"オーダーユニフォームをデザインからプリント、縫製仕上げまで一貫生産体制でお応えします 「絆が出来るユニフォームをデザインする」"

2017.05.24

ここまでやる!?びくともしない絆工房スポーツウェア

昇華プリントでスポーツウェアを作ってよかったと思える納得の技術

実験その2)

 


 

前回に引き続き、絆工房のお客様の「高いのに買います。」心理を

究明すべく、昇華プリントを使って実験してみます。

 

実験開始

 

今回は、この花柄のかわいいレディーウェアで実験。

これからの季節にスポーツするスポーツ女子にはぴったりのデザインウェア。

 

 

 

 

  その1)引っ張る

 

まずはウェアの生地を引っ張ってみてインクの剥がれがあるかどうかを検証。

いくら引っ張っても生地の繊維そのものを染めているため、変化なし。

 

 

 

 

その2)擦ってみる

 

爪を立てて擦ってみましたが、インクを擦るというよりも、生地を擦っているだけで

インクが剥がれ落ちはありませんでした。

 

 

その3)洗濯してみる

 

実は、この花柄ウェアは同じく昇華プリントで作ったウェアを300回洗濯してみました。

 

それがこちら。

ここで皆さんに質問です。

左と右全く同じ日に作った昇華プリントウェア。

どちらかが300回洗濯したウェア。

皆さんはどちらが300回洗濯したウェアがこの写真からおわかりでしょうか?

 

 

 

 

正解は、右が300回洗濯した昇華プリントウェアです。

 

 

 

洗濯による色褪せはほぼ皆無。

お気に入りの服というのは、何回も着たいものですね。

普通は、洗濯回数が多いほど色褪せていくものですが、昇華プリントウェアでは

ほぼ洗濯による色褪せがこの洗濯実験でわかりました。

 

 

その4)漂白剤も怖くない!!

 

 

お気に入りの服にうっかりトマトケチャップが!うっかりカレーが!うっかりコーヒーをこぼしちゃった!

こういう時は、まずはすぐに水で洗い流すのは基本ですが、それでも落ちない場合があります。

 

ここで登場する助っ人が、漂白剤。

「でも、漂白剤を使いたいけど、シミだけでなく生地まで色柄まで漂白しそう・・」

 

さて、絆工房の昇華プリントウェアはどうでしょう?

 

大胆な実験を行いました。

か、か、会長 若い・・・

 

 

 

一度昇華プリントで印刷されたウェアは、漂白剤でもびくともしない、ということになります。

 

まとめると

色褪せもしない、

漂白剤にも色白にならない、

頑固なウェア、それが絆工房の昇華プリントウェアです。

 

昇華プリントって何ですか?

 

 

次は、さらなる昇華プリントウェアの特性に迫ります。

どうぞお楽しみに。

 

最後になりましたが、花柄ウェア以外にもショールームでは沢山の色鮮やかな昇華プリントウェアを展示しております。

ぜひお近くに起こしの際は遠慮なさらず扉をあけて下さいね。

ウェアのお触りは大歓迎。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【関連記事】

 

ウェアのインクを引っ張ってみた!

 


Top