"オーダーユニフォームをデザインからプリント、縫製仕上げまで一貫生産体制でお応えします 「絆が出来るユニフォームをデザインする」"

2014.10.30

【昇華プリント】絶対に色落ちしないアメリカTシャツVS絶対にシミがつかない日本Tシャツ

絶対に色落ちしない日本TシャツVS絶対にシミがつかないアメリカTシャツ


今年の初め、アメリカの大学生、アミール・パテルさんがシミがつかない

Tシャツを開発しました。

水をはじく”シリカ粒子”という化学物質をしみこませているのでシミがつかないらしいです。

”シリカ粒子”とは?

調べても難解すぎて全くわかりませんが、簡単に言うと水をはじくナノレベルの物質で

つくられたTシャツで、10億個のシリカ粒子の層に覆われた繊維だと、

液体がついても液体と繊維の間にわずかな空気層ができるらしく、

繊維までは水が届かないそうです。

ということは、言い換えれば、こぼしたい放題のTシャツ

                                                                                         by kicksatartar.com

      従来のTシャツ               シリカTシャツ

     

素材はポリエステル (絆工房の昇華プリントと一緒)

今のところ、80回洗濯してもTシャツの防水効果は持続するらしいですが、

パテルさんによるとTシャツの防水効果を保つにはいくつかの取り扱い注意があるとのこと

その注意点とは、

・洗濯するときは柔軟剤を使わない

・漂白剤を使わない

・洗濯機に色物と一緒に入れない

・アイロンをかけない

・ドライクリーニングに出さない

・乾燥機の使用は3回に1回程度にし、低温にすること

なんとなく、かなりめんどくさいような気もします。

しかも、パテルさんはアメリカ人なので、アメリカ人は乾燥機を使うから

アメリカ人にとってもめんどくさいはずです。

絶対にシミがつかないTシャツは、何となく、めんどくさいTシャツのような気がしますが、

面白いTシャツであることは間違いありません。

定価は30ポンド(約5000円)。

対する絆工房の昇華プリントのTシャツは

素材が白ポリエステルであるのは同じですが、

・洗濯するときは柔軟剤は使ってOK!

・洗濯機に色物と一緒に入れてもOK!

・乾燥機の使用は3回に1回程度にし、低温にすること←一切不要!

・昇華プリントは、もともと半永久的に色落ちしないので漂白剤を使う必要はありません。

昇華プリントの最大のメリットは、直接繊維にインクを染みこむために、

色落ちがしないのです。

        右が80回を優に超え300回洗濯した昇華プリントTシャツ

ある意味、 “劇的ビフォー アフター”にはなりませんが、、、

耐久性抜群の昇華プリントTシャツ。

もちろん、通気性も◎。

防水効果抜群のシリカTシャツと耐久性抜群の昇華プリントTシャツ。

テクノロジーの進歩によってTシャツもどんどん進化していっています。

シリカTシャツは、日本のプロ野球チームの優勝した時に行う

ビールかけに着たら面白いかも知れません♪

また、日本では注目が高まりつつある昇華プリントでユニフォームを作成する

野球団も出てきています。

もちろん絆工房も野球ユニフォームを取り扱っております。

(株)絆工房

広報 /  田中

 


Top